防災グッズ

台風19号が週末に関東へ上陸!今からできる備えとは?

  • 2019年10月11日
  • 2019年10月12日
  • その他
  • 1view

大型で非常に強い勢力の台風19号が、10月12日夕方から夜にかけて関東に上陸する予想です。
先の台風被害で、まだ大変な思いをされている方も多くいらっしゃることでしょう。
各地で電車や飛行機などの運休も発表されています。

『自分は大丈夫』と思わずに、できるだけ安全と思われる場所に避難するようにして下さい!
自然災害は容赦なく、あなたや、あなたの大切な人へ被害をもたらします。

私も2016年の熊本地震を経験しています。
『まさか自分が・・・』と思いました。

あとになって
「避難しておけばよかった」
「備えておけばよかった」
と、思っても遅いです。

失ったものは帰ってきません。

今、あなたの判断が、大切な人、大切なものを守ることができる唯一の手段です。

スポンサーリンク

台風の時に安全な場所・危険な場所とは

とにかく今から移動できる範囲で、最も安全と思われる場所に避難してください。
安全な場所に行けない場合は、危険な場所には行かない、近づかないようにしてください。

【台風の時の時に安全な場所】

  • 海や川から離れた場所
  • 木造より鉄筋コンクリートの建物
  • 窓や扉の少ない建物

普段穏やかな内海でも、台風時には関係ありません。
過去に内海で台風により大きな被害が出たことがあります。
平成11年 台風18号 熊本県不知火海

どこが安全か?は一概に明言できませんが、少なくとも上記に挙げた場所に近いほど安全と言えます。
今から行ける場所で、上記の条件に近い場所があれば、すぐに非難するようにしましょう。

台風時に危険な場所

台風は暴風だけでなく暴雨にも注意しなくてはいけません。
少し離れた場所でも、風が弱くても、気象状況によっては大雨が降ることがあります。
台風が接近しているときや、通り過ぎた後も絶対に近づいてはいけない場所を以下に挙げます。

  • 海岸や河川、田んぼ脇の用水路
  • 家の窓の近く
  • 建物の近く(瓦屋根の家、看板など)
  • 高い建造物
  • 道路下のトンネル(アンダーパス)
  • 山や崖の近く

今からでもできる台風の時に備えるもの

近くにコンビニやスーパーがあれば、風や雨が強くなる前に備えておいてください。
台風被害でインフラが麻痺しても、とにかく3日間耐えしのげば救援物資が来るはずです。
その間を耐えしのぐだけの備えをしておいてください。

  • 水(できるけ多く)
  • 懐中電灯
  • 電池
  • 携帯のポータブルバッテリー(充電満タン)
  • ガスコンロ&ガス
  • インスタント食品や缶詰
  • ウエットティッシュ
  • 現金

必ず大切な人と一緒にいること

最後に、災害時は必ず『大切な人と一緒にいること』です。

災害時、建物などの被害はある程度仕方ありません。

しかし今からの判断・行動で『大切な人』を守ることはできます。

皆さん、必ず無事でいて下さい。

大切な人を守ってください。

防災グッズ
最新情報をチェックしよう!