ジャズ

【挾間美帆(はざまみほ)】JAZZ作曲家のプロフィールやYoutubeやCD|グラミー賞ノミネート狭間美帆

  • 2020年1月14日
  • 2020年10月6日
  • 芸能
  • 13view

2020年1月27日に世界最高峰の音楽の祭典『第62回グラミー賞授賞式』が開催されます!

グラミー賞と言えば、音楽界で最も権威ある賞として全世界の音楽ファン、ミュージシャン、音楽関係者が注目する音楽の祭典ですね。

そのグラミー賞で、何と日本人の方がノミネートされているのをご存じでしょうか。

その方とはJAZZ作曲家の『挾間美帆(はざまみほ)』さんです。

グラミー賞では挾間美帆さんによるアルバム「Dancer in Nowhere」が「最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム部門」にノミネートされ注目を集めています。

この挾間美帆さんとは一体どのような方なのでしょうか?

挾間美帆んさんのプロフィールやYouTube動画、発表しているCDなどから、挾間美帆さんの魅力に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

JAZZ作曲家 挾間美帆(はざまみほ)さんのプロフィール

JAZZ作曲家 挾間美帆さんのプロフィール

 

名前 挾間 美帆(はざま みほ)
生年月日 1986年11月13日
出身地 東京都
学歴 日本国立音楽大学 学士
アメリカ合衆国 マンハッタン音楽院 修士
ジャンル ラージ・ジャズ・アンサンブル
職業 作曲家、編曲家、指揮者
公式サイト Miho Hazama(公式サイト)

現在33歳です。(2020年1月現在)

とても清楚で美しい方ですね。

名前の漢字が難しくて間違えやすいのですが、
×『狭間美帆』ではなくて、
○『挾間美帆』が正しいです。

JAZZ作曲家 挾間美帆さんの経歴

挾間美帆さんは3歳からエレクトーンを習い始め、何と小学校4年生で「ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)」の全日本大会に出場しています。このエレクトーンの経験からオーケストレーションの基礎を学んだそうです。

中学校は国立音楽大学附属中学校・音楽コース(ピアノ)へ進学。
高校は国立音楽大学附属中学校・音楽コース(ピアノ)。
そして国立音楽大学音楽学部 演奏・創作学科(作曲専修)に入学しています。
大学在学中に国立音楽大学のニュー・タイド・ジャズ・オーケストラに参加し、ジャズへの興味を深めたそうです。

その後2010年にマンハッタン音楽院大学院(ジャズ作曲専攻)へ留学。

2012年にはアルバム『ジャーニー・トゥ・ジャーニー』をリリース。
このアルバムで『ジャズ・ジャパン』誌年間アルバム大賞(新人賞)を受賞しています。

2013年1月に「東京オペラシティ・ニューイヤー・ジャズ・コンサート2013:山下洋輔プロデュース 挾間美帆のジャズ作曲家宣言!」で本格的にデビューしています。

JAZZ作曲家 挾間美帆さんの受賞履歴

  • 2011年 ASCAPヤングジャズコンポーザーアワード受賞
  • 2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員
  • 2012年 『ジャズ・ジャパン』誌年間アルバム大賞(新人賞)
  • 2014年 第24回出光音楽賞を受賞
  • 2015年 BMIチャーリー・パーカー・ジャズ作曲賞受賞

挾間美帆さんのYoutube動画

挾間美帆さんは公式YouTubeチャンネルがありますので、その中からいくつか動画を紹介したいと思います。

美しい。驚き、色の変化、素晴らしい音楽性にあふれています。 この贈り物をありがとう、ミホ

挾間美帆さんのインタビュー動画もありました!

やはり美しい方ですね!
一度、挾間美帆さんの生の演奏を聞いてみたいです。

挾間美帆さんのCD

ジャーニー・トゥ・ジャーニー [ 挾間美帆 ]

感想(0件)

挾間美帆さんの1stアルバム「ジャーニー・トゥ・ジャーニー」。
どの曲もとても斬新ですが完成された、挾間美帆さんの才能を感じることができる作品です。

タイム・リヴァー [ 挾間美帆 ]

感想(0件)

挾間美帆さんの2ndアルバム「タイム・リヴァー」。
挾間美帆さんの世界観を感じることができる作品です。

【送料無料】 挾間美帆 / メトロポール オーケストラ ビッグバンド / Monk: Live At Bimhuis 【SHM-CD】

感想(0件)

とてもアレンジが多彩で、様々な曲調を感じ、何度聞いても楽しむことができる作品です。

ダンサー・イン・ノーホエア [ 挾間美帆 ]

感想(0件)

今回グラミー賞にノミネートされた作品「Dancer in Nowhere」です。必見ですね!

挾間美帆さんJAZZ作曲家のプロフィールやYoutubeやCDまとめ

グラミー賞でアルバム「Dancer in Nowhere」が「最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム部門」にノミネートされ注目を集めている挾間美帆さん。

容姿の美しさもさることながら、奏でる音楽、創作される楽曲もまた美しく、聞いている人を引き付ける魅力を持っていますね。

既に世界から注目される存在の挾間美帆さんですが、今回のグラミー賞ノミネートにより、更に活躍の場を広げ素晴らしい作品を創作していくことでしょう。

挾間美帆さんの今後の活躍に注目ですね。

ジャズ
最新情報をチェックしよう!